VDM

VDMVienna Development Method)は、IBMのウィーン研究所で1960年代から70年代にかけて開発された形式手法。

その仕様記述言語VDM-SLは1996年にISO標準(ISO_IEC_13817-1)となっている。VDM-SLをオブジェクト指向拡張したVDM++も、欧州連合ESPRIT計画のAFRODITEプロジェクトで開発された。

[参考:Wikipedia]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL