プロセスとメタプロセス

プロセスとメタプロセスとは、
ソフトウェア開発組織の巨大化とともに開発工程に関する方法論が提案されるようになってきた。アメリカでは軍需での契約を獲得する条件としてプロセスモデルに基づいた評価が行われるため、それが方法論の発達を促したとも言える。ISO 12207 はプロジェクトのライフサイクルを選択・実装・監視する手法に関する標準規格である。

能力成熟度モデル(CMM) は主要なモデルの1つである。独自のアセスメントにより組織が自身で定義したプロセスにどれだけ忠実に従っているかを測る。このとき、そのプロセスの品質そのものやソフトウェア製品の品質は関与しない。CMM は徐々に拡張され能力成熟度モデル統合(CMMI) となった。ISO 9000 は形式的に構成されたプロセスとその文書に関する標準規格である。

ISO 15504 は、ソフトウェアプロセスのアセスメントのためのフレームワークであり、Software Process Improvement Capability Determination (SPICE) とも呼ばれる。この標準規格はプロセスを比較するための明確なモデルとなっている。SPICE も CMM や CMMI と同様に使われている。それは、ソフトウェア開発を管理/制御/誘導/監視するためのプロセスのモデルである。このモデルを使って、ソフトウェア開発において組織やプロジェクトチームが実際何をしているのかを測る。その情報を元に弱点を検出し、それを克服するよう改善する。同時に長所も探し出して、それを組織やチーム全体の共通の慣習にして継続させるようにしていく。

シックス・シグマはプロセス管理の方法論の一種であり、統計分析により企業の経営品質を測定し、それを向上させる。製造やサービスのプロセスでの問題点を検出して排除するのに使われる。最大許容欠陥発生率は百万回につき 3.4回である。しかし、シックス・シグマは製造業を対象としているため、ソフトウェア開発に適用するにはさらに研究が必要である。

[参考:Wikipedia]

キーワード関連:プロセスモデルISO 12207ISO 9000ISO 15504シックス・シグマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL