ソフトウェア測定法

ソフトウェア測定法(ソフトウェアそくていほう)またはソフトウェアメトリック(英: Software metric )とは、ソフトウェアやその仕様の属性の尺度である。

定量的手法の威力は他の分野で証明されていたことから、計算機科学の分野でも同様の手法をソフトウェア開発に持ち込もうとする努力が続けられてきた。Tom DeMarco は DeMarco, T. (1982) Controlling Software Projects: Management, Measurement & Estimation, Yourdon Press, New York, USA, p3 の中で「測定できないものは制御できない」と記している。

典型的なソフトウェア測定法

  • 成長オーダー(アルゴリズム解析、O記法など参照)
  • ソースコードの行数
  • 循環的複雑度
  • ファンクションポイント法
  • ソースコードの行当たりのバグ数
  • コード網羅率
  • 顧客要求仕様の行数
  • クラスおよびインタフェースの個数
  • Robert Cecil Martin のソフトウェアパッケージ測定法
  • 凝集度
  • 結合度

[参考:Wikipedia]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL